ライフスタイル

涙袋がない男性におすすめ!簡単な作り方3選をご紹介!

スポンサーリンク


涙袋とはどんな仕組みで出来ているのか。どうして涙袋がある人とない人がいるのか疑問に感じたことがある人もいることでしょう。本記事では男性でも簡単に涙袋を作ることが出来る作り方をご紹介します。本記事を参考にして、涙袋を作りイケメンになりましょう!

そもそも涙袋とは?仕組みは?

 

  • 涙袋→目の下にある膨らみのこと
  • 仕組み→眼輪筋という筋肉のこと

 

涙袋とは、目の下まつ毛の生え際にあるぷっくらとした膨らみのことを指しています。

「目の下に膨らみがあればそれは全て涙袋だ!」と思っている方、実は涙袋以外にも目の下に膨らみを帯びているものがあります。それは「目袋」です。下まつ毛の生え際にあるものが「涙袋」で、更にその下にあるものが「目袋」と言われていますので、知らなかった方はこの機会に覚えておきましょう。

 

涙袋とは一般的に笑顔を浮かべた際に強調されるもので、「眼輪筋」と呼ばれる目の下の筋肉の収縮によって起こります。この眼輪筋が発達することにより、目の下が膨れ上がり涙袋が出来上がります。また、涙袋は別名「フェロモンタンク」とも呼ばれていることで有名です。

涙袋がある人とない人の違いは?

色々な人の顔を見ていると、涙袋がある人とない人がいることが分かります。これらの人々の違いは「涙袋を作り上げる筋肉の厚みによって異なる」と一般的に言われています。

 

更に、先程ご紹介した「目袋」の膨らみが大きい方に関しては、涙袋があるにも関わらず、目袋が大きいことによって隠れてしまっている。又は、目袋のサイズに関わらず涙袋が見えづらい人がいます。これらは全て筋肉の厚みによって異なっていますので、生まれながらにして与えられた宿命と理解することが普通です。

 

とは言っても涙袋は結局のところ、「筋肉」であることが分かります。従って、筋肉を鍛えることで涙袋を作ることが出来ると言われています。

涙袋に魅力を感じる理由とは?

人気な女優さんや俳優さん、モデルさんなどを見ている際に、「涙袋がある人が多い」という印象を抱いたことはありませんか?

 

涙袋があることによって、目元が立体的に見えるため可愛らしく朗らかな印象になります。そのため、「ヒアルロン酸を注入する」といったことをされている女性芸能人の方が多いです。

 

ただ、涙袋はあくまで「見た目の印象が変わる」だけで、ごみを排除するなどといった特別な機能を持ち合わせているわけではないので、特別困ることでもないと言えます。

トレーニングをしても涙袋が出来ない男性がいるって本当?

目の周りにある筋肉「眼輪筋」を鍛えることによって涙袋を作ることが出来るなら、トレーニングをすれば良いだけでしょ?と思われたことかと思いますが、実はそうではありません。眼輪筋の成長が著しく劣っている人は、いくらトレーニングを積み重ねても涙袋を作り上げることは出来ないと言われています。

涙袋が作れるのか否か判断する方法!

自分には涙袋を作ることが出来ないのか否か、分からない方は是非こちらの方法を実践してみてください。

 

  1. 鏡の用意
  2. 鏡を見る
  3. 笑顔を作る

 

実践してみましたか?その際にほんの少しでも構わないので、涙袋が出来たかどうか確認してください。この時点で涙袋が一切出来上がらなかった人は、残念ながら眼輪筋の成長が著しく劣っている人ですので、トレーニングを積み重ねたところで意味のないものとなってしまいます。

 

逆に、少しでも涙袋が浮き上がった人はトレーニングを行うだけでくっきりとした涙袋を作り出すことが出来ますので、是非下記でご紹介している涙袋の作り方やトレーニング法を実践してください!

 

 

 

涙袋がある男性芸能人3人をご紹介!

ここでくっきりとした涙袋を兼ね備えている男性芸能人をご紹介します。あなたの理想とする涙袋を目指してトレーニングに励んでいただくために、目安となる涙袋を見つけておきましょう。

涙袋が魅力的な男性芸能人①小栗旬

くっきりとした涙袋が印象的な男性芸能人1人目は、俳優の小栗旬です。こちらの画像の小栗旬は、真顔であるにも関わらず、くっきりとした涙袋が出来上がっています。弾ける程の笑顔を浮かべている際は、くっきりとした涙袋が出来上がるのが一般的ですが、真顔の状態でここまではっきりとした涙袋が作られている小栗旬は、やはりイケメン俳優と言われているだけあります。

 

yuuさん(@dpmoooabc2)がシェアした投稿

涙袋が印象的な男性芸能人②生田斗真

続いてご紹介する涙袋が印象的な男性芸能人は、ジャニーズ事務所に所属する俳優・生田斗真です。生田斗真は涙袋だけではなく、はっきりとした二重も印象的な男性芸能人ですよね。弾ける程の笑顔を浮かべた際の生田斗真の涙袋は、こちらの画像よりもくっきりとしています。ここまでハッキリとした涙袋は魅力的ですよね。

 

生田斗真さん(@tomaikuta.ai)がシェアした投稿

涙袋が印象的な男性芸能人③櫻井翔

続いてご紹介する涙袋が印象的な男性芸能人は、嵐の櫻井翔です。櫻井翔の涙袋は一般的な涙袋よりもくっきりとしていることから、眼輪筋の発達が優れていることが分かります。櫻井翔は元々顔立ちが整った人物ですので、くっきりとした涙袋は生まれながらにして兼ね備えていたものであることが分かります。

 

櫻井 翔さん(@ars_____world)がシェアした投稿

トレーニングによる男性の涙袋の作り方①ウィンク

トレーニングによる男性の涙袋の作り方をご紹介していきます。まず一つ目の方法は、非常に簡単な「ウィンク」です。ウィンクが出来ないという人が中にはいますが、その方は2つ目のトレーニング方法へのご移動をお願いします。

 

では、試しにウィンクをしてみましょう。軽くではなく、思いっきり力を込めてウィンクをしてください。そうすることで、目の周りの筋肉が動いていることが感じられるかと思います。比較的簡単に行うことが出来るウィンクによって、目の周りにある眼輪筋が鍛えられ、効率よく涙袋を作ることが出来ます。また、ウィンクをする際に道具などは一切必要としないため、お金をかけずに涙袋を作ることが出来るので非常におすすめです。

 

ウィンクをする回数は多ければ多いほど筋肉が鍛えられますのでおすすめですが、念のため目安となる回数をご紹介します。目安となる回数は「1日100回」行うことをおすすめします。こちらの回数はあくまで目安ですので、回数よりも毎日行うこと、習慣化することが大事となってきます。

トレーニングによる男性の涙袋の作り方②変顔をする!

続いてご紹介するトレーニングによる男性の涙袋の作り方は「変顔」です。ウィンクの際と同様に、顔を大きくくしゃくしゃにするイメージで変顔を行うと、顔の筋肉が動いていることが分かるはずです。

 

この変顔のトレーニングを行うことによるメリットは、涙袋が出来上がるだけではなく、小顔効果も期待できますので、是非おすすめしたいトレーニング法です。

トレーニングによる男性の涙袋の作り方③細目にする

続いてご紹介するトレーニングによる男性の涙袋の作り方は「細目」です。要領はウィンクと同様で、眼輪筋を意識しながら細目にすることで、目の周囲の筋肉が刺激され、涙袋を作ることができます。細目にする方法は、ウィンクや変顔とは異なり、回数を積み重ねるというよりも、細目の状態をキープすることが重要となります。

まとめ

涙袋がない男性でも簡単に涙袋を作る作り方をご紹介していきました。本記事でご紹介したトレーニング法は、毎日継続的に行うことが重要となりますので、涙袋を作るため、諦めずに毎日トレーニングに取り組みましょう!

スポンサーリンク


コメントを残す

*