エンタメ

吉本新喜劇の年収は2,000万越え?座長の仕事をご紹介!

スポンサーリンク


人々へ笑いを届ける劇団「吉本新喜劇」。歴史は長く、これまでに多くの人物が座長を務めてきました。そんな吉本新喜劇の座長の仕事内容や年収が気になりますよね。本記事では吉本新喜劇のメンバーや座長の仕事内容、年収などをご紹介します。

吉本新喜劇とは?

世に笑いを届ける劇団・吉本新喜劇。吉本新喜劇のメンバーは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに在籍しているお笑い芸人によって構成されている劇団です。

 

吉本新喜劇の公演は年中無休で一年中行っていて、基本的に大阪にある「なんば花月劇場」、略してNGKで公演が開催されています。お笑いコンテンツを盛り込んだ喜劇を舞台上で行うことから数多くのファンが公演に足を運んでいます。

 

また、吉本新喜劇の人気が右肩上がりに上昇していることから、現在毎週土曜日に「よしもと新喜劇」というタイトルでテレビ放送されています。

 

数々のバラエティ番組に出演している小藪一豊が吉本新喜劇の座長を務めていますので、名前くらいは聞いたことある!という人も多いのではないでしょうか。

吉本新喜劇の公演は大阪以外にも開催されている

吉本新喜劇の公演が行われている場所は大阪と説明しましたが、定期的に地方公演を行っています。

2018年内に至っては、「吉本新喜劇全国ツアー」と題した公演を全国各地で開催しており、2018年3月21日に広島県の上野学園ホールで行われた公演を皮切りに、岡山・福岡・大分・岩手・青森・宮城・山形・福島・沖縄・石川・富山・東京・愛知・福井・静岡・北海道・徳島・神奈川・新潟・和歌山・長野・大阪の全22都市で開催されました。

 

吉本新喜劇は1959年3月に発足したため、2019年3月で発足60周年になります。2018年内の地方公演は6月末で終了してしまいましたが、2019年には再び全国各地で公演を行うのではないかと期待されています。

吉本新喜劇の公演場所や日程などの詳細はこちらから確認できます。

吉本新喜劇の座長とは?仕事内容は?

吉本新喜劇と言えば「座長」というワードが有名ですよね。この座長ですが、実は1人だけではなく数人います。というのも、吉本新喜劇にはいくつかグループがあるため、グループ毎に座長が選出されています。

吉本新喜劇の座長の選出方法は?

吉本新喜劇の座長の選出方法ですが、お笑い芸人で構成された劇団だからバラエティ性に特化した選出方法でしょ?と思われがちですが、意外にもかなり真面目に座長を選出しています。

 

気になる吉本新喜劇の座長の選出方法は「グループ内のメンバーから1番多く指名を受けた人が座長」を務めます。指名する理由はひとそれぞれですが、吉本新喜劇の今後を担う重要な役割であることから、座長を決定する際は皆真剣に指名しています。

 

従って、吉本新喜劇の座長を務めている人々は「メンバーからの信頼が厚い上、人望がある人物」となります。

 

ただ単に面白いことが言えるだけでなく、リーダーとしてグループを牽引していくだけの力量を持った人が吉本新喜劇の座長を務めていますので、「凄い人なんだ!」という感覚で見ることができます。

吉本新喜劇の座長の仕事内容は?

吉本新喜劇の公演を観に行ったことがある方はお分かりいただけるかと思いますが、吉本新喜劇のことに関して無知な方が公演を観に行っても「誰が座長なのか分からない」と思います。

 

というのも、吉本新喜劇の座長が行う仕事は表舞台の仕事よりも裏方作業がメインだからです。座長が行っている仕事内容を簡潔に説明すると、

 

  • 新喜劇で上演する公演内容の製作
  • 公演参加者の人員確保及びスケジュール調整
  • 劇団員へのギャラの分配
  • 外部への宣伝活動

こちらが吉本新喜劇の座長を務めている方々の主な裏方の仕事内容になります。マネージャーが行うような仕事を座長が全て賄っているため、器用で頭がキレる人物でなければ吉本新喜劇の座長を務めることは不可能と言われています。

 

そのため、吉本新喜劇の座長を選出する際はメンバー皆真剣に選出しているのです。

 

 

 

吉本新喜劇の現在の座長をご紹介!

2018年現在の吉本新喜劇は6つのグループで構成されていて、座長は6人います。本項では2018年現在座長を務めている人物のプロフィールをご紹介していきます。

吉本新喜劇の現在の座長「川畑康史」

  • 名前:川畑康史(かわばた やすし)
  • 愛称:バタやん
  • 生年月日:1967年6月22日
  • 出身地:京都府京都市
  • 血液型:AB型
  • デビュー年:1991年
  • 備考:NSC9期生

川畑康史は24歳である1991年に吉本新喜劇に入団。NSC9期生としてNSCを卒業後、ナインティナインの岡村隆史と共に吉本新喜劇に入団しました。

川畑康史は入団16年目である2007年4月から吉本新喜劇の座長に就任し、2018年現在座長歴11年目です。

 

川畑康史の吉本新喜劇の主なキャラクターは「川畑バタ子」で、公演などでたくさんの笑いを提供しています。また、2007年には小藪一豊とともに「M-1グランプリ」に出場し「座長座長」というコンビ名で準決勝まで勝ち上がりました。

吉本新喜劇の現在の座長「すっちー」

  • 名前:須知裕雅(すちひろまさ)
  • 生年月日:1972年1月26日
  • 出身地:大阪府摂津市
  • 血液型:O型
  • 身長:158cm
  • デビュー年:1996年~

すっちーは大阪府立茨木西高等学校を卒業後、兵庫化学技術専門学校に進学し、卒業しています。専門学校を卒業後は自動車整備士として三菱自動車に就職。その後お笑いの道へ進み「ピッキーズ」というコンビを結成し11年間コンビ芸を披露していましたが、2007年に解散。

その後直ぐに吉本新喜劇に入団し、2014年5月より座長に就任しました。

吉本新喜劇の現在の座長「酒井藍」

  • 名前:酒井藍(さかいあい)
  • 生年月日:1986年9月10日
  • 出身地:奈良県磯城郡田原本町
  • 血液型:AB型
  • 身長:163cm
  • デビュー年:2007年~

酒井藍は幼少期の頃から吉本新喜劇への憧れが強く、高校卒業後すぐにNSCに入りたい気持ちが強かったのですが、親から反対され警察官になりました。

そんな酒井藍は2007年9月に開催された「第3個目金の卵オーディション」に合格したことを機に、警察職を退職し、長年の夢だったお笑いの道へ進みました。

 

吉本新喜劇に入団してから約10年が経過した2017年5月、吉本新喜劇の座長に就任することが決まりました。これにより吉本新喜劇史上初めてとなる女性座長が誕生しました。更に、最年少座長記録を塗り替えました。

吉本新喜劇の現在の座長「小藪千豊」

  • 名前:小藪千豊(こやぶかずとよ)
  • 生年月日:1973年9月11日
  • 出身地:大阪府大阪市住吉区
  • 血液型:B型
  • 身長:188cm
  • デビュー年:1993年~
  • 備考:吉本総合芸能学院(NSC)第12期

小藪千豊は1993年、漫才コンビ「ビリジアン」を結成しお笑いデビュー。ただ、当時の相方である山田知一が構成作家を志したことを機にコンビを解散。その後吉本新喜劇に入団した小藪千豊は、入団後僅か5年という短い期間ながら2006年に吉本新喜劇の座長に就任しました。

吉本新喜劇の現在の座長「辻本茂雄」

  • 名前:辻本茂雄(つじもとしげお)
  • 生年月日:1964年10月8日
  • 出身地:大阪府阪南市
  • 血液型:A型
  • デビュー年:1986年~
  • 出身:NSC大阪5期生

1989年10月に吉本新喜劇に入団した辻本茂雄。入団後僅か6年足らずで吉本新喜劇の座長を務めることになり、現在も座長を務めていることから、今年で座長歴29年目となる大ベテラン座長です。辻本茂雄は吉本新喜劇の活動だけでなく、俳優としてテレビドラマや映画に出演しています。

吉本新喜劇の現在の座長「内場勝則」

  • 名前:内場勝則(うちばかつのり)
  • 生年月日:1960年8月22日
  • 出身地:大阪府大阪市西成区
  • 血液型:B型
  • 身長:161cm
  • デビュー年:1982年~
  • 出身:NSC大阪校1期生

1982年にお笑いの道へ進み始めた内場勝則は1999年に座長に就任し、今年で座長歴19年目を迎える大ベテラン座長です。ボケ・ツッコミを器用に両方こなすスーパー座長と呼ばれている座長で、老若男女問わず幅広い世代から愛されている、吉本新喜劇に欠かせない座長です。

吉本新喜劇の座長の年収は?

吉本新喜劇の座長を務めている人物は、座員メンバーよりも多くの仕事をこなしていることから年収が高いと言われています。そんな吉本新喜劇の座長の年収はいくらほどなのでしょうか。

 

気になる年収ですが、座長の報酬体系は歩合制で、吉本新喜劇全体の利益(グッズ収益・メンバーのテレビ出演等)により左右してきますので、公演のお客さんの入り具合やグッズの売り上げなどによりかなり変わってきます。

 

現役座長として多方面で活躍している小藪一豊は、座長としての仕事だけでなくあらゆる番組にレギュラーとして出演していますので、年収は2,000万円を軽く超えていると言われています。その他の座長は小藪一豊よりも若干下がる数値なのでは?と予想されています。

まとめ

吉本新喜劇の公演に関することや現在の座長、更に年収に関してご紹介していきました。吉本新喜劇の公演は一度観に行くとハマること間違いなしですので、是非一度足を運んでみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

*