仮想通貨

仮想通貨とは?仕組みやおすすめな取引所に関して徹底解説!

ビットコイン

スポンサーリンク


仮想通貨とは?ビットコインやアルトコインとは?ビットコインの価格が上昇し市場価値を高めたことで一躍話題となっていますが、仮想通貨の事を知らない方や、怖くて手が出せない方など大勢いらっしゃることかと思います。本記事では仮想通貨のイロハや税金に関すること、扱いやすい取引所などもご紹介していきますので是非最後までご覧ください。

 

仮想通貨・ビットコインとは?

ビットコイン

まずは「お金」について知っておこう!

仮想通貨の理解を早めるためには、「お金」というものを理解しておくと良いでしょう。このお金というものは日常生活に無くてはならないもので、常日頃から触れる機会が多いものですよね。このお金は一体どこで発行されている物なのかある程度理解されていますでしょうか。実は、紙幣と硬貨は発行元が異なっているのです。

 

  • 紙幣の発行元…日本銀行
  • 硬貨の発行元…日本政府

 

お金の発行元である日本政府の建物

 

仮想通貨・ビットコインの発行元は?

 

 

それに対し仮想通貨の王道ともいえるビットコインの発行元はどこなのでしょうか。

 

  • ビットコインの発行元…不特定多数の参加者

 

不特定多数の参加者って一体誰の事?どうやってビットコインは発行されているの?と疑問に感じたことでしょう。仮想通貨の王道とも言えるビットコインは、マイニングという方式で人間または機械が発行しています。

 

マイニングとは「ビットコインの取引を1番早く成功させた人物に対し、新規に発行される通貨」のことです。簡潔に表現しましたが、マイニングというものはもう少し複雑化しているため、後程ご紹介します。

 

本項をまとめると、

 

  • 日本円やドルなどの通貨

→国が価値を保証している法定通貨

 

  • ビットコインなどの仮想通貨

→価値の保証がない暗号化されたデジタル通貨

 

となります。

 

法定通貨は国が価値を保証している為、物との交換や商取引に用いられており、日本銀行がマネーストック(通貨の供給)を管理しています(中央集権)。

 

一方、仮想通貨の王道であるビットコインは特定の国家に管理されていない上、ビットコインの発行上限枚数が定められていて(上限枚数2100万枚)、ビットコインの価値を操作できない(非中央集権)という点があります。

 

これらのことから、

 

  • 自国通貨→中央集権
  • 仮想通貨→非中央集権

 

という区別をつけることが出来ますので、中央集権や非中央集権に関して深掘りしていきます。

 

中央集権や非中央集権とは?

 

中央集権を手書きで書いた画像

 

  • 中央集権…通貨やシステムの支配操作が出来る権力を持つ直接的な人物がいて、管理者の独断で自由に操作できるシステムのこと
  • 非中央集権…通貨やシステムの基盤を支配・操作できる権力を持つ人物が不特定多数で、特定の人に権力が集中することが無いシステムのこと

 

中央集権国家である日本銀行の日本円、FRB(アメリカ)のドルなどは、それぞれの通貨の供給量や価値を操作することが出来ます。一方、非中央集権であるビットコインなどの仮想通貨は、プログラム上で発行枚数の上限が定められており、「2,100万枚BTC」以上に増えないようプログラミングされています。

 

これらが非中央集権であるビットコインの決定的な違いとなります。

 

仮想通貨に関わるアルトコインとは?

仮想通貨であるビットコインの大まかな概要をご紹介しましたので、ここでアルトコインに関してご紹介していきます。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと呼んでいます。

 

「アルトコイン→Alternative:代替のコイン」

 

2018年6月現在、市場に出回っているアルトコインの数は約1,000種類を超えたとも言われており、様々な用途で開発されたアルトコインが軒を連ねています。

 

有名なアルトコインをご紹介!

イーサリアム(Ethereum:ETH)

イーサリアムの画像

 

イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を採用しているアルトコイン。ブロックチェーン上に、取引情報だけでなく、契約(コントラクト)の内容を自動的に記録することが出来るコインとなっています。

 

  • スマートコントラクト…契約のスムーズな検証・執行・実行・交渉を意図したコンピュータープロトコルのこと

 

ネム(NEM:XEM)

 

 

ネムは、仮想通貨の王道であるビットコインから派生したアルトコイン。プルーフ・オブ・インポータンス(POL:Proof-of-importance)の仕組みを採用していることで有名で、POIによりネムのネットワークに貢献した人が多くのハーベスト報酬を得ることが出来る為、一部のマイニング者に報酬が偏ることを防ぐことが出来ます。

 

  • POI(プルーフ・オブ・インポータンス)…直訳すると「重要性の証明」。経済的に貢献している重要性の高い人ほど、コイン報酬を受け取れる仕組みのこと

 

リップル(Ripple:XRP)

リップルは独自に開発されたコンセンサス(合意)・システムにより素早い決済を可能としている通貨。銀行間送金だけでなく、あらゆる通貨間をブリッジすることを目標としており、スケーラビリティに優れていることで有名なアルトコインです。

 

ライトコイン(Litecoin:LTC)

 

 

ライトコインはビットコインから派生した通貨で、ビットコインを補完する落割を担うことが目的なアルトコイン。ビットコインの欠点と言えば、ドランざくしょんの承認時間の遅さですが、これらのデメリットを補完する役割を担っているアルトコインです。

 

また、発行上限枚数はビットコインの約4倍である8,400万枚に設定されているアルトコインとして有名です。

 

イーサクラシック(Ether Classic:ETC)

 

 

 

イーサクラシックは、ハードフォーク前のイーサリアム要素を含んだアルトコイン。DAO事件(プログラム上の欠陥をついて約360万イーサが盗まれた事件)が発端でイーサリアムのハードフォークが行われましたが、イーサリアムのハードフォーク後に元のブロックチェーンを維持したままのようなイメージのアルトコインです。

 

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash:BCH)

 

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォーク下通貨。取引能力(ブロックサイズ)を最大8倍に拡大しており、スケーラビリティの問題を解決するためのプログラムや仕組みが導入されていることで有名なアルトコインです。

 

 

 

仮想通貨に関わるブロックチェーンとは?

 

 

 

仮想通貨に関することやビットコインなどを調べていると「ブロックチェーン」という単語を目にする機会が多いのではないでしょうか。一見難しそうな印象が感じられるかもしれませんが、きちんと理解すればなんてことないはずですので、根気強く勉強されてください。

また、ブロックチェーン技術は仮想通貨の分野だけではなく様々な分野でも使われている技術ですので、本記事では「仮想通貨に関わるブロックチェーン」としてご紹介していきます。

 

ブロックチェーンとは、ビットコインを取引するにあたって中核を担っている技術のこと。取引のデータ(履歴)をトランザクションと呼び、複数のトランザクションをまとめたものをブロックと呼んでいます。

 

こうして形成されたブロックをチェーンのように連なって保存されたシステムがブロックチェーンとなります。

 

  • 取引の履歴…トランザクション
  • トランザクションの集約形態…ブロック
  • ブロックを1つに繋げたもの…ブロックチェーン

 

仮想通貨におけるブロックチェーンの特徴は、世界中の取引記録がブロックチェーンの口座を保有する世界中にいるユーザーのマイウォレットに保存されています。また、取引記録が分散して管理されていることから「分散型管理台帳」「P2P(ピアツーピア)」と呼ばれています。

 

これらはユーザー同士が管理しており、銀行のような特定の管理機関を有していない為、権限が一か所に集中していない点が特徴のシステムです。

具体的に説明すると、マイウォレットのトランザクション(取引データ)には、「〇月〇日にA君からB君に〇BTCを送付した」のような取引内容を「ブロック」にし、「チェーン」のように連なって書き込まれています。これらは取引が成立した順番通りに連なっています。

 

仮想通貨に関わるブロックチェーンのトランザクションはオープン化されているため、だれでも確認することが出来ますが、「ハッシュ関数」によってブロックが生成されているため「暗号化」されているのが特徴です。

 

ハッシュ関数では、直前のハッシュ値と、ナンス値という特別な数字を見つけ出すことによって整合性を図っており、ブロックがブロックチェーンへ新たに追加する流れを「承認」と言います。

 

仮想通貨に関わるマイニングとは?

 

仮想通貨に関わるブロックチェーンに関してご紹介していきましたが、ブロックチェーンの仕組みを理解することで、先述でご説明した「マイニング」を理解することが出来ます。

 

マイニング=採掘

 

と言われており、ブロックチェーン上で行われている取引は、整合性を図るために「承認作業」が必要となります。こういった取引の承認作業のことを「マイニング(採掘)」と言われています。

マイニングでは、整合性の取れた取引の承認を行った人に対して、新規のビットコインが発行されることから、マイニングは採掘と呼ばれることもあります。

 

また、マイニングの際に不正が行われていないことを証明する仕組みのことを「proof of work」と呼んでおり、「仕事の証明」と直訳することが出来ます。

 

上述でもご紹介しましたが、ビットコインの上限発行枚数は2,100万枚BTCまでと定められています。そしてビットコインはマイニングによって新規に発行されるが故、上限枚数に達したら取引を承認してくれる人がいなくなるのではないか?と推測されています。

 

確かに新規のビットコインを得ることが出来ないのであれば、マイニングを行う価値を見出せないと感じられますが、取引を承認する際に、新規のビットコインと共に取引手数料を僅かながら受け取ることが出来ます。従って、2,100万枚BTCの発行を終えた後は、承認者が経ることはあるものの、手数料を目的に今後も存続していくものと思われています。

 

仮想通貨に関わるブロックチェーンのメリットとは?

仮想通貨に関わるブロックチェーンの仕組みやマイニングに関してご紹介していきましたが、ブロックチェーンの仕組みを活用することで、ビットコインのメリットはどのようなものがあるのでしょう。

 

①送金コストが大幅に下がる

まず一つ目のメリットは、金融機関を介さずに取引が出来ることで、送金コストを大幅に削減することが出来る点でしょう。海外へ送金したことがある方はお分かりいただけるかと思いますが、海外へ送金する際というのは多額の送金手数料がかかります。

 

また、これらは送金額に比例して手数料も上がりますので、会社同士のお金の移動や支払いなどの際のコストを大幅に削減することが出来ます。また、即座に送金を行うことが出来ますので、時間短縮にもつながる点がメリットと言えるでしょう。

 

②取引データの改ざんやハッキングが不可能

2つ目のメリットは、ブロックチェーンのデータを改ざんすることが実質的に不可能になる点でしょう。先述でもご紹介しましたが、ブロックチェーンは暗号化され、分散的にユーザー同士で管理しています。

 

ブロックチェーン上のデータは不可逆性が伴っている為、特定することが出来ない上、データの改ざんを行うことで、ユーザー同士で管理・分散させているデータとの整合性が取れない為、不正が明るみになります。これらのことから実質的に不正が困難であると言われています。

 

ブロックチェーンの口座開設方法をご紹介!

 

※詐欺サイトに注意しましょう!

ブロックチェーンの口座開設の為に、Web上で「ブロックチェーン」と検索すると「blockchian」というURLを用いた詐欺サイトが表示されることがありますので注意してください。

 

ブロックチェーンの正しいサイトは

https://blockchain.info/」

ですので間違えないようにしましょう。

 

ブロックチェーンの口座開設方法①サインアップ

上記でご紹介したURLへアクセスすると、下記画面が表示されます。英語が難しいと感じている方は、青色でくくられている「GET A FREE WALLET」をクリックしましょう。

 

 

ブロックチェーンの口座開設方法②アドレス登録

上記の画面で「GET A FREE WALLET」をクリックすると、下記画面が表示されます。ここでメールアドレスやパスワードを入力しましょう。パスワードは、同一文字の連続入力や少ない文字数の入力では「アカウントの某弱性が向上」してしまい兼ねないため、出来る限り難しいパスワードを入力するようにしましょう。

 

 

メールアドレスやパスワードの入力が完了すると、入力したメールアドレス宛に確認メールが届きますので認証を完了しましょう。これにてブロックチェーンの口座開設が完了となります。

 

ブロックチェーンの口座開設は至って簡単な上、ビットコインの送信や受信も、やり方さえ覚えてしまえばとても簡単です。ビットコインを送信する際は、相手側のブロックチェーンアドレスを確認し入力するだけ。ビットコインを受信する際も同様の方法を用いることで可能となります。下記画像は筆者の実際の取引履歴になります。

 

 

それぞれをタップすることで、どの相手に送信したのかが詳細に記されていますので、後から確認したい際はとても楽な仕様になっています。

 

おすすめな仮想通貨取引所をご紹介!

Bitflyer(ビットフライヤー)

筆者がおすすめする仮想通貨の取引所1つ目は「ビットフライヤー」です。ビットフライヤーは取引数やユーザー数、資本金に関して仮想通貨取引所の中で群を抜いてNo.1な取引所です。

また、安全性が保持されている取引所としても有名ですので、仮想通貨初心者の方はビットフライヤーがおすすめでしょう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

知らない人が多いBitcoinとbitcoinの違いについて

最近ではビットコインに関してテレビでも取り上げられるようになりましたが、「Bitcoin」と「bitcoin」の表記の違いによって意味合いが異なることを知らない人が多いようです。実際にテレビや雑誌、ネット上の記事などを見ていても誤った表記をされている記事が大変多い印象です。

 

これらの違いとしては「大文字か小文字か」のみですので、「どっちでもいいじゃんか!」という意見もありそうですが、中身が違うものを同一のものとして表記するのは誤解を招き兼ねないですよね。本記事をご覧になっている方は、是非周りの方にも共有してあげてください。

 

Bitcoinの意味合い

Bitcoinと呼ばれるネットワークやシステム、プロトコル(通信に関する規約)のことを指しており、通貨のことを指している言葉ではありません。

 

bitcoinの意味合い

頭文字の「b」が小文字になっているbitcoinが、みなさんが興味を抱いている、若しくは取引されている通貨です。同時にbitcoinは単位としても表現されており、りゃうして「BTC」と表記されています。「1BTC」や「10BTC」といった使い方です。

 

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨の今後の展望

仮想通貨には中央集権化を構築している通貨や非中央集権化を構築している通貨の2種類に分類されていますが、非中央集権通貨の王道とも言えるビットコインは「中央集権になりつつある」と当サイトでは感じています。

 

というのも、仮想通貨の認知度が低かった数年前のビットコインのマイニング作業は、関わった人々のほとんどが認証に成功していたのに対し、最近ではマイニング専用の工場が用意され、マイニングが成功できる人が減少傾向にあります。

 

また、手数料が高額な取引ばかりが優先されていたりと、何かと不公正なことが起きているのも事実です。ただ、ビットコインのマイニングのみ中央集権になりつつあるだけであって、ブロックチェーン技術を駆使したビットコインの基盤となるシステムプランは非中央集権であることに間違いはないと言えるでしょう。

 

まとめ

仮想通貨に関わるビットコインに関することや、ブロックチェーンの仕組み、更にはブロックチェーンの口座開設方法や、おすすめの取引所等をご紹介していきました。仮想通貨は難しい!とご自身で決めつけてしまうのではなく、自ら学んで理解していくことが大切なのではないでしょうか。仮想通貨の知見をもっと広げていき、仮想通貨で資産を築き上げていきましょう!

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

*